男の子女の子

私の中の男の子女の子。

子どもの頃からいわゆる男の子っぽさの方が強い。

 

ままごとやかわいいもの、お人形遊びというような、将来お母さんになるようなことの練習につながりそうなことは全然しなかった。サンリオもピンクもリボンもひらひらしたものも興味が無かった。

女の子のグループも苦手だった。理解不能だったし。

 

大人になってからもモータースポーツとかプロレスとか大きい車とか電車とか工場とか機械とか工具とか…そういう方がワクワクした。今でもするけど。

私は男の子になりたなったんだろうか。それとも男の子成分多めの魂で生まれてきたんだろうか。

 

何にでも理由をつけたら苦しくなってしまうけれど、うちは自営業ですごく小さい頃は私は父のあとを継ぐと思っていた。幼稚園の頃、ブロックで家を作ったりして父に褒められた。

そして4歳の時に弟が生まれる。父の会社を継ぐ長男。

私はそこで挫折したのかな。憶えていない。

 

そして弟が早くいっちゃって、私は長女だか長男みたいなもう一段変なねじれ方をした。次女だけど。

 

ともかく先天的か後天的かわからないけど男の子要素が楽だった。女の子めんどくさかった。

 

好きな人ができて結婚してから女の子では無くなった。家族になり空気みたいになった。もしかしてちょっと女の子になれるかなと思っていたけど。そしてお母さんにはならず、病気になって薬を飲んで太ってそのままおばさんになった。ここはおじさんではなかった…笑

 

自分の容姿がつらくてますます女の子どころじゃないヽ(´o`;

つらくて、でもそれがどこか「こんな自分だから〜なのも仕方ないのだ」という自己否定を強めるもっともな言い訳になっていた。

 

今私は女の子要素が増えている(便宜上女の子で通します)と、思う。意図的に増やしている。かわいいものとか、メイクとかを自分に許可した。友人のおかげでおしゃれしてお化粧したりして出かけることが楽しくなった。その子はおしゃれさんなので一緒にいて恥ずかしい思いをさせたくないし。まあそこはちょっと…良くないかな

でもそんなことからでもいいんじゃないかな

 

心も変わったと思う。外堀を埋めるのは大切だ。

何かと女性性を育てるのが私の課題と言われ続けて「女性性ってそもそもなによ」と思っていたが、なんとなく分かるようになってきた。

もちろんピンクとかハートとかが全てじゃない(^^;;

 

女性は歳を重ねてきて、ある日可愛いものに目覚めて解禁している人が割といる。

その人がずっと女性性を封印してきたかはわからないけど、家族に女性として扱われなくなって取り戻そうとしてるとかあるかもなあと思ったりもした。

 

「女の子おばさん」「女の子おばあちゃん」を楽しませてあげようと思った最近です。

 

 

水中メガネ Chappie  (松本隆 草野マサムネ)

https://youtu.be/hQ2j_lvD8vo

さすが松本隆という歌詞。結婚当時苦しかった時すごく聞いてた。後から作曲草野マサムネと知ってまんまとやられた!と思った記憶がある。曲調を聴いたらモロに草野節なのに気づかなかった。

 

くるり

https://youtu.be/V6FAbl1-Iyw

 

今うちには女子しかいない。猫は女子丸出し。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとあって、自分の病気を振り返ることになった。

友人とこの先の人間関係で精神疾患があることがネックになることはあると思うか、という話になった。友人はちゃんと頷いてくれた。友人自体はもちろん何も考えずに付き合ってくれている。私の周りはありがたいことにそんな人ばかりだ。

 

いくら自分で頑張ってみていてもこの先調子を崩すことがないとは言い切れない。はたからみれば精神病患者。猫から見たらただのヒト。

(精神科の医師は「脳病」という人もいた。言葉としてどちらが良いのかな。)

 

精神疾患と言ってもピンキリだし、自分がそのどの辺りに位置しているのかはわからないけど。わからないけどそのどこかに私はいる。その誰かから見たら私はその「世界」の住人。

 

私は周りの人達にとても恵まれている。恵まれているとふとそういう現実というかそういう目もあることを忘れちゃうんだろうな。

その人が変なこと言ってきても「(人の恋路を邪魔する奴は)馬に蹴られて死んじまえ」でいい。(そういう言い方あったと思うんだけど…)

誰かに何かを言われても、または何も言わずにそう思っていてもいても私はその人にできることはない。その人と私はイコールの世界で繋がっていないから。別の式で生きてる。

 

ちょっと怒りが持続しちゃった。その怒りについて流れをメモしようかと思ったけどまたにしよ。

ハッピーアワーのビールがきいてるな…。

最近お酒飲んで帰ってくるとお腹いっぱいなのに食欲が暴走するのよね…

f:id:mamezanko:20220110214438j:image

 

おとなの傷は治りがわるい

大人になるほど弱くなるんじゃないかと自分が年を重ねてから思うようになった。

ちぎれるほどつらい。いや、ちょっとどこかちぎれたんじゃないかというくらいのこともある。傷の治りも遅い。だから怪我をしないように気をつける。でも時々やらかす。誘蛾灯の青さに我慢できない蛾のようにうっかりやってしまうこともある。

 

だけど。

きっとちぎれかけたぴらっとしたものをひらひらさせて、時々ちょっと痛くなったりして病気の金魚みたいに過ごすのも悪くないんじゃないか。

 

と、思うくらいの経験と引き換えならそれも…

いや、やっぱキツイものはキツイ。

治りが遅いなりの濁し方や取り扱い方ができるようになったけれど。

 

f:id:mamezanko:20220109031425j:image

やってみたら

実家に行くと夕飯の支度を手伝う。母の病気があってから向こうで食べるようになりますます家でごはんを作らなくなっている。

ふと私は家で普段何を食べてるんだろうと思った。何食べてるんだっけ。記憶がないのはまずい気がする。

 

今日は雪で車の運転も怖いということを言い訳に休んで、携帯のあれやこれやして機種変もして、という日にした。

冷蔵庫にある食材への罪悪感で病んでいたけど、そもそもキッチンは料理作れる状態じゃない。

 

が、あれこれして(物を移動させたりとか…)タラのクリームスープを作った。

タラのスープは好き。生クリームを買ってあったので今回はクリームスープにした。

料理は苦手だし好きとは言えない。食べたもので自分の体はできているなんて言われてもだからなんだと思っちゃう。自分の体を大事に思えないのはそろそろ本当にやめたいこと。

 

でも動的平衡福岡伸一さんが食べたものは出ていかなくて体のいたるところに留まってると言っていたのを聞いてどうせなら今日はタラやきのこやブロッコリーが私の内側に粒々となって散らばってとどまって行くようにと思った。

頭のいい人の話はわかりやすい。

 

誰かに食べてもらうのは考えたくないけどそんなにまずくなかった。色々やらなければ多分そんなにまずくはならないのだ。材料の時点で美味しくないものはあまりない。

f:id:mamezanko:20220107215653j:imagef:id:mamezanko:20220107215702j:image

まだいい?

最近、仕事の帰りに聞いている

https://youtu.be/7-rCXTyRlRw

アメリカ人がいかにクリスマスを大切にしているかってことかな。アメリカ人だけじゃないだろうけど。温かかったり楽しい素敵な曲が多いから。ドラマでもだいたいクリスマスの番外編というかスペシャルな1話がつくられたりする。

 

聴きながら家に帰ろうって思う。幸せな気持ちで。猫たちがいる散らかってごちゃごちゃした部屋に帰る、そしてだらしない格好で埋もれるようにゴロゴロする。

あそこが私のホームなんだな。ホームがどんなものなのかそれはまだわからないけど。前のブログで私が気づいた一番欲しいもの、それはホームだった。そこに戻るもの。

 

she&himはクリスマスアルバムを2枚出している。Zooeyの声はお姉さんのエミリーとそっくり。姉妹でいい声で羨ましい。

 

と、今年は散らかった家を卒業したい。

 

もうホリデイシーズンじゃないから「まだいい?」じゃないよな、と思ったら今日は雪だからいいかな。

f:id:mamezanko:20220106221427j:image

ホームについてはまだ下書きに入ってた…

 

あと何回

近所に白蓮の木がお庭にあるお宅がある。いつの間にふかふかの蕾(?)ができていた。いつも突然できている。植物はいつも突然大きくなったりする。

多分見てないだけだけど。

白蓮は蕾まできれいだな。

ふと、既にその木には何回花をつけるかプログラムされているんではないかと思った。あの中で着々と春の準備が進んでいる。冬は静かなようで実は一年で一番強い生命活動があるのかもしれない。

 

 

木だし条件が揃えばずっと咲かせ続けるのかもしれないけど。いつか病気になったりもするだろう。寿命分の季節が内在している。人と比べて想像できないほど長いだけで。

 

同じように私の体の中にもこの先いくつの季節を生きられるのかが秘められているのだろうな。使い方次第で多少伸びたり縮んだりするのだろうけど。

 

あと何回 さかな

https://youtu.be/Chl0j4PRUMs

f:id:mamezanko:20220108053006j:image